こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。

みなさん、夏のダメージがお肌に現れていませんか?
これからの時期は、夏の蓄積ダメージがお肌の表面に出てくるんです。
お肌のターンオーバーで浮かび上がってくるので、お肌の元気がないのは夏のダメージの可能性が大です。

そんな時には化粧下地を変えてみると、メイクのノリや持ちが良くなってきます。
私が試した「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」はしっとりツヤ肌に近づけてくれる化粧下地です。

今回は「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」をレビューでご紹介します。

 

●このページの目次

1.「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」とは

2.実際に使ってみました

3.どんな肌色にもなじみます

4.「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」のまとめ

 

1.「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」とは

 

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」は日中美容液&化粧下地クリームです。

1本で2つの役割を果たしてくれて、何もつけないよりも自然なツヤ肌を作ってくれるんですよ

私は化粧下地ってCCクリームくらいしか使ったことがないんです。

でも、お友だちは「化粧下地を使うとメイクが崩れにくくなる。」と言います。

Tゾーンのテカリも抑えられると絶賛していたので、興味はあったんです。

公式サイトでは「軽いつけ心地」「自然なツヤ」などの言葉が多かったです。

そこで実際に使ってみました。

 

2.実際に使ってみました

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」は美容ベースクリームです。

お肌にツヤ感が出るそうなので楽しみ!

 

キャップを開けるとプッシュタイプになっていました。

てっきりチューブかと思っていたので、意外~。

プッシュタイプなので適量が出てきます

その点でも使いやすいですし、衛生面でも良いな~と感じました

 

今回は少なめの量を出しました。

これで半プッシュくらいです。

顔に使う場合は1プッシュでOKですよ。

 

お肌に伸ばしてみました。

思っていたよりも硬めのテクスチャーです。

スルスル伸びるというよりはしっかりお肌につく感じでした

1.顔に使う時にはおでこ・両ほほ・鼻・あごの5か所にポンポンとつけて、中指と薬指でトントンとなじませるように広げていきます

2.クルクル伸ばすのではなく、叩いてなじませるというのが使い方のコツです。

3.小鼻や目元はできるだけ薄づきになるようになじませます

4.顔の中心から外側に向かってなじませていきます

5.色ムラがないか確認して、色が足りないところがあったらもう少し足していきます

ポンポンとやさしくなじませるがコツです。

 

私のお肌、トーンが明るくなりました。

白くなるというよりもツヤで光っているみたいでした。

ポンポンとなじませることが大事なのと、厚塗りにならないように注意することがポイントです。

 

3.どんな肌色にもなじみます

本来はお肌を化粧品や乳液などで整えてから使うと良いんですが、ちょっと手の甲には直接塗ってしまいました。

なので若干トントンが難しかったです。

きちんと基本のスキンケアをしてから使えば問題ありません

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」は1色のみの販売です。

というのもいろいろなお肌のカラーに自然になじむ効果があるからなんです。

ピンク系のお肌にもイエロー系のお肌にもなじみやすいカラーが配合されています。

だから使いやすい!

ベースメイクの悩む必要が減ったら楽ですよね。

石油系界面活性剤・タール系色素・香料は不使用です。

この点も何だか潔さを感じます。

お肌の触れてよいものと悪いものを明確に分けているんですね。

お肌のカラーに自然になじんでお肌にツヤ感とふっくら感がよみがえる、まるでエステサロン仕様のクリームのようなで、お肌にも刺激がないです。

フワッとお肌に乗っている感じです。

 

4.「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」のまとめ

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」は1本が約2~3月使えます。

気になるお値段が1080円(税込)・送料540円です。

通常価格は1728円(税込)なのでかなりお得ですよ。

1000個限定・おひとり様1回限りのチャンス!

2~3ヵ月も使える化粧下地&日中美容液なのでコスパはかなり良いと思います。

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」は単品でも販売OKですが、ファンデーション・フェイスパウダーもセットになった「心花の彩(ときめきのいろどり)スターターキットというのもあります。

今回は単品のご紹介をしましたが、ファンデーションやフェイスパウダーについてもレビューでご紹介していきたいと思います。

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」はつけ心地が確かに軽いです。

べたつき感はありませんでした。

小鼻の周りが始めの方はちょっと難しかったんですが、慣れてくるときれいに収まります。

心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」に興味のある方は公式サイトをご覧くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

公式サイトはこちら➜エステクリーム【心花の彩】

 

こちらの記事も読まれています

「アテニアBBクリーム」 ピンク色の光を味方につけた華色肌がおとな肌のくすみを消す!

急激な寒さでも「BMFフラーレンCCクリーム」でお肌しっとり。乾燥なんかに負けていられません!

「LANOA(ラノア)ミネラルCCクリーム」はノンケミカルなのにSPF50+PA++++。敏感肌でも使えるって本当?!

 

スポンサーリンク