こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。

今日は急激に寒さが襲ってきましたね~。
今まで衣替えをしていなかったので、着るものに困りました・・・。
もう冬はそこまで来ているのかな~と思いました。

冬といえば乾燥肌の方にとっては「ああ・・・。」と思う季節ですよね。
私も乾燥肌なので今まで以上に保湿には気をつけています。

コスメも冬支度をしました。

昨日から本格的に使い始めた「BMFフラーレンCCクリーム」は冷たい空気でもお肌がしっとりでした。
これって乾燥肌にはかなりうれしい!

今回は「BMFフラーレンCCクリーム」をレビューでご紹介します。

 

●このページの目次

1.使ってよかった!「BMFフラーレンCCクリーム」

1-1.しっとり肌&透明感のあるお肌が短時間で完成

1-2.実は毛穴対策もできます

2.やっぱり「フラーレン」は最高!

3.「APPS」+「E(TPNa)」の黄金バランス

4.うるおいはモイストカクテルにお任せ

5.「BMFフラーレンCCクリーム」のまとめ

 

1.使ってよかった!「BMFフラーレンCCクリーム」

先月ちょっと使ってみましたが、その時にもなかなか良い感じ!と思っていました。

BMFフラーレンCCクリーム」はビューティーモールのCCクリームです。
ということは成分がとにかく良い!

私のお肌には合っているようで刺激もないですし、いろいろな粗を隠してくれます。

CCクリームは光を味方にしてお肌をきれいに見えるように補正する働きがあります
素肌をきれいに見せてくれる効果があります。

お肌の色ムラやシミ・くすみなどを飛ばしてくれます
濃いシミはちょっとカバーしきれませんが・・・。

でも、私の場合、ちょっとお出かけという時はCCクリームをつけた後にBBクリーム、またはミネラルファンデーションをつけるので、それで今のところは大丈夫です。
気になる方は濃いシミの部分にだけコンシーラーを使えば完璧!

先月はお肌がきれいに見えることに満足していましたが、昨日、今日のような急激な寒さで冷たい空気の中でもお肌がしっとりしていることに気付きました。
これって冬のお肌の救世主!?

使ってよかった~!と思わずうれしくなりました。
今年の冬はこれで乗り切れそうです。

 

1-1.しっとり肌&透明感のあるお肌が短時間で完成

先の細いチューブなので量の加減がしやすいです。
衛生的にも良い感じがします。

私が気に入っている点は香りがついていないことです
強い香りが苦手なので・・・。

20代のころは海外ブランドのファンデを使っていましたが、香りが強くてメイク中にくしゃみばかりしていました。
実家の母に「そんなにくしゃみするなら別のものを使えばいいのに。」と言われましたが、一種のステータス?感覚で使っていたような気がします。

 

カラーは{シルキー}ナチュラルオークルです。
この1色だけですがイエローオークルとピンクベージュの中間色になっています。

お肌になじみやすいカラー&ピンクベージュの透明感と血色感が出ます

 

{シルキー}と名前がついている通り、お肌の上でスルスル~ッと伸びます。
お肌に負担がかかりにくいと思ます。

丁寧に伸ばすとかなり薄づきでもきれいにカバーできます。

 

1-2.実は毛穴対策もできます

このCCクリームは化粧下地としての機能も持っているので肌の色の補正だけでなくキメを整えたり、毛穴をカバーしたりと大活躍してくれます。
少量でもしっかりと伸びるので小鼻の横などの細かい部分もCCクリームがたまることがありません。
メイクの時間を短くできるので忙しい朝にはすごく助かります

私は昨日のメイクではCCクリームの上からBBクリームをつけました。
BBクリームだけだと毛穴が目立ってしまうように感じていましたが、「BMFフラーレンCCクリーム」をつけた後のBBクリームはお肌の上にきれいにのっていました。

今日は「BMFフラーレンCCクリーム」だけでしたがくすみもなく過ごせたかな。
毛穴が目立たないだけでお肌の印象がガラッと変わるので、これはすごいCCクリームだと思います。

 

2.やっぱり「フラーレン」は最高!

フラーレン」には強力な「抗酸化作用」があります。

酸化」はお肌の老化を進めてしまう原因の一つです。
私たちの体は酸化することでだんだんと老いていきます。

体のサビみたいなものですね
お肌にもサビができ始めるとどんどん状態が低下していきます。

ベビーちゃんのお肌はサビがない状態なのでツルツルモチモチなんです
そのお肌に近づける秘密が「フラーレン」。

私の中ではビューティーモール=「フラーレン」という印象です。
他のビューティーモール製品にも「フラーレン」が使われています。

さすが、ノーベル化学賞を取った成分です。

 

3.「APPS」+「E(TPNa)」の黄金バランス

ビューティーモールのもう一つの柱が「APPS」+「E(TPNa)」です。

APPS」とはビタミンC誘導体のことです。
高い浸透力でエイジングケアには欠かせない成分です。

ビタミンCには美白・毛穴やシワを抑制する働きがあります。
でもちょっと不安定な成分で酸化しやすいんです。

その欠点を補って、お肌に届くまでは酸化しないようにしたものがビタミンC誘導体です。
そしてそれをさらに進化させたものが「APPS」なんです。

APPS」と相性が良い「E(TPNa)」とはビタミンE誘導体のことです。
APPS」がより効果的に働くように作用します

この2つの成分もビューティーモール製品の代名詞的なものです。
刺激がないので乾燥肌でちょっとお肌が敏感なときでも安心して使えます。

 

4.うるおいはモイストカクテルにお任せ

BMFフラーレンCCクリーム」はしっとりしますが、べたつきがないのでTゾーンがテカったりしません。

このうるおいは「リンゴ果実培養細胞エキス」「3Dヒアルロン酸」「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」が生み出しています。
これらをまとめてビューティーモールでは「モイストカクテル」と呼んでいます。

冬はお肌が乾燥しやすいので、しっかりとうるおいをキープできるものを使いたいですよね。

BMFフラーレンCCクリーム」には乳液・美容液・クリーム・UVケア・化粧下地・コンシーラー・ファンデーションの7つの役割があります
その点でもメイクしながらスキンケア感覚で使えるので「BMFフラーレンCCクリーム」はおススメです。

私のように化粧下地として使っても高機能なので、毛穴悩みの方にも向いています。

 

5.「BMFフラーレンCCクリーム」のまとめ

フラーレン」「APPS」「E(TPNa)」など効果の高い美容成分がたっぷり詰まった「BMFフラーレンCCクリーム」。
乾燥しやすい時期にも使いやすいCCクリームです。
単品でも素肌がきれいに見えますし、化粧下地としても優秀です

ビューティーモール製品は私には刺激がないので、いつでも使えるという安心感があります。
メイクしながらスキンケアもできるので一石二鳥です。
香りがついていないので使いやすいですよ。

BMFフラーレンCCクリーム」は20g入り5400円(税込)です。

興味のある方は公式サイトをご覧くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

公式サイトはこちら➜高濃度フラーレン、ビタミンC誘導体化粧品

こちらの記事も読まれています

「BMF CCモイストクリーム」は1本で7役のCCクリーム。フラーレン・APPS配合です。

今年買ってよかったコスメ!「LANOAミネラルCCクリーム」

「心花の彩(ときめきのいろどり)メイクベースエステクリーム」でふっくら素肌美人。

「LANOA(ラノア)ミネラルCCクリーム」はノンケミカルなのにSPF50+PA++++。敏感肌でも使えるって本当?!

 

スポンサーリンク