【ハーバリウム】作品

きれいな「ハーバリウム」を自分でも作ってみたい!と思っていました。

そこで【日本パーツビューティーアカデミー】無料資料請求で講座内容を確認したのちに申し込みをしました。

 

その時の記事はこちら

【ハーバリウム】の講師資格を取りたい!月々3000円代から学べる【日本パーツビューティーアカデミー】がおススメ

 

資料請求はとてもスピーディ―でした。

講座内容・教材内容や金額のチェックもできました。

 

今回は【ハーバリウム認定講師資格講座】実際に学んだ時の様子をレビューでご紹介します。

 

初めてでも写真付きでわかりやすいテキストに従って作っていくことで、さまざまな技法を身につけられます。

教材も揃っているので、届いてすぐに作り始められますよ。

 

教材が手元に届いてから8か月以内にレポートを提出します。

レポートには5つの課題作品の写真とコツや難しかったところや上手くできたところ、工夫したところなどをまとめます。

 

【日本パーツビューティーアカデミー】の方式は、全ての課題を作り終わったらまとめてレポートを出すだけ。

合格したら「認定証」が届きます。

 

「認定証」料はかかりませんし、年会費などもありません。

受講料のみなので、あとからの出費はありません。

 

自分の好きな時間に学べて、わからない時にはメールや電話で聞くこともできますよ。

 

【ハーバリウム】に興味があるけれど、一歩踏み出せない方の参考になればうれしいです。

 

 

●このページの目次

1.すべての道具が揃っているのですぐに始められる

2.基本技法でかわいい作品ができた!

3.一輪挿し技法でシックな作品ができた!

4.枝付きアレンジ技法でゴージャスな作品ができた!

5.花材の交互配置空間技法でいい雰囲気の作品ができた!

6.ドライフルーツアレンジでナチュラル系の作品ができた!

7.レポートにまとめて送付・結果待ち

8.【ハーバリウム認定講師資格講座】のまとめ

 

 

1.すべての道具が揃っているのですぐに始められる

【ハーバリウム認定講師資格講座】教材セット

【日本パーツビューティーアカデミー】【ハーバリウム認定講師資格講座】では、教材がすべてそろって届きます。

 

「ハーバリウム」なのでガラスボトルが5本入っています。

「ハーバリウム」専用のオイルもたっぷり入っているので想像していたよりも重かったです。

 

【ハーバリウム】専用オイル

「ハーバリウム」の専用オイルには2種類あります。

「流動パラフィン」「シリコンオイル」です。

 

「流動パラフィン」は「ミネラルオイル」とも呼ばれています。

一般的には「流動パラフィン」が使われているそうですが、【ハーバリウム認定講師資格講座】の教材では「シリコンオイル」が入っていました。

 

流動パラフィン」の特徴

・ベビーオイルの原料にも使われる安全なオイル

・皮膚についても無害

・無色透明

・無臭

・色落ちしやすい

 

「シリコンオイル」の特徴

・化粧品類に配合されているので安全なオイル

・皮膚についても無害

・無色透明

・無臭

・色落ちしにくい

 

シリコンオイル

かなり大きなボトルに入っているので、実際に使う時には小分けにして使います。

小分け用のボトルもついてきます。

 

小分け用ボトル

「シリコンオイル」を入れてみました。

 

大きいボトルにも注ぎ口が付属品でついてくるので、小分けしやすいです。

 

「シリコンオイル」を使う時の注意事項としては火気の近くでの作成や保存をしないこと。

可燃性なので取り扱いには注意しましょう。

 

ロングピンセット2本入り

ガラスボトルの中に花材をセットするためにはロングピンセットが便利。

まっすぐなものと先端が曲がっているものの2種類が入っています。

 

まっすぐなロングピンセットは、ガラスボトルに花などを入れる時に使います。

先端が曲がっているピンセットはガラスボトル内で花材を調整したり、つまみ出すときに使います。

 

ガラスボトル

ガラスボトルは5つ入っています。

丸いボトルが2本、四角いボトルが2本、上部が少し狭くなっているボトルが1本です。

 

課題に合わせてガラスボトルを使うと良いですよ。

 



2.基本技法でかわいい作品ができた!

【ハーバリウム認定講師資格講座】テキスト

それではテキストに添って作っていった過程をご紹介しますね。

 

基本技法デザイン決め

初めての課題は「基本技法」です。

作り方の手順はテキストに書かれています。

 

課題に花材の組み合わせを考えます。

この時にガラスボトルを横に倒して花材をどのように配置するかを決めていきます。

 

基本技法制作過程

花材をロングピンセットで入れます。

あじさいなどの花材を固定できるものから入れると良いですよ。

 

いくつかの花材を入れたらオイルをボトルの中に注いでいきます。

花材に直接オイルがかからないように、ボトルを少し傾けながらそっと入れていきます。

 

オイルを入れると花などが浮いてきます。

この時に浮かんできた花材をピンセットで調整します。

 

この時に調整しないと後からでは調整が難しくなります。

 

基本技法制作過程

バラの花はちょっと浮きやすいです。

ボトルの中で調整するのは、思っているよりもコツがいりました。

 

やさしくつままないと花を傷つけてしまうので、扱う時は慎重に行いました。

 

基本技法制作過程

全ての花材を入れたら、ボトルの上部までオイルを入れます。

 

今回は初めての作成でしたが、最後に入れた花材が浮いてしまいました。

イメージではもう少し下に沈めたかったのですが、うまくできませんでした。

 

試行錯誤しながらの作成は少し難しかったですが楽しかったです。

イメージ通りに仕上げるにはもっと経験を積まないと!と思いました。

 

初めての作品はかわいい雰囲気に仕上がりました。

 

 

3.一輪挿し技法でシックな作品ができた!

一輪挿し技法デザイン決め

2つめの課題は「一輪挿し技法」です。

一輪を引き立てるためにシンプルに仕上げます。

 

基本技法の時と同様にガラスボトルを横にして、花材のデザインを決めていきます。

 

一輪挿し技法制作過程

オイルを入れると花材が浮きやすいので、一番下の部分はあじさいやモスなどを入れると固定しやすいです。

 

花材を入れたらオイルをボトルの半分くらいまで入れます。

この時に花材が浮き上がってきたら調整をします。

 

この時点で花材の位置を調整しておかないと、きれいに仕上がらなくなります。

 

一輪挿し技法制作過程

花材の調整ができたら最後までオイルを入れます。

 

オイルを入れる時は少しずつ入れていきます。

ちょっと緊張しながらオイルを入れました。

 

一輪挿しはドライフラワーなので、花が崩れないように細心の注意を払ってボトルに入れました。

シンプルなデザインなので、カラーのチョイスも考えました。

 

好きな色を見ていると楽しい気分になるのは色彩にセラピー効果があるためなんです。

 

カラーの組み合わせやカラーの特徴などもテキストにしっかりと書かれていますよ。

 

例えば「ピンク」の特徴は

・優しさと物腰の柔らかさをもつ女性的なイメージを感じさせる

・この色を身につけると自然と気持ちが和らぎ、心に満ち足りた気分をもたらす

 

心理的効果として

・幸福感を与える

・優しい気持ちを与える

・心も体も若返らせる

 

このようにさまざまなカラーの特徴と心理的効果が載っています。

「ハーバリウム」を作る時にどのようなイメージのものを作りたいかを考える時の参考になりますよね。

 

確かに好きなカラーのものを見ていると心がハッピーになります。

 

今までカラーセラピーというものを考えたことがなかったのですが、「ハーバリウム」を学ぶ中でカラーの持つチカラまで学べちゃうのはかなりお得です。

 



 

4.枝付きアレンジ技法でゴージャスな作品ができた!

枝付きアレンジ技法デザイン決め

3つめの課題は「枝付きアレンジ技法」です。

ボトルを横に置き、花材のデザインを決めていきます。

 

アクセサリーと呼ばれるパールなども教材に入っています。

 

この課題では、ワイヤーをつけて長さを調節するやり方を学びます。

 

枝付きアレンジ技法制作過程

この課題のコツはワイヤー使い。

花材をまとめるためにワイヤーを使うので、ワイヤーが見えないように一番下の部分にはフワフワする花材を入れます。

 

私はあじさいを選びました。

 

ロングピンセットで枝や家財の調整をします。

 

オイルを入れるとあじさいがフワ~ッと広がるはず。

 

バランスが整ったらオイルをそっと流し込んでいきます。

 

枝付きアレンジ技法制作過程

オイルは一気に全部を入れず、まずは半分くらいまで入れて花材の浮きを調整します。

この時点で花材の調整をしておくと、オイルを最後まで入れたときにきれいに仕上がりますよ。

 

【ハーバリウム認定講師資格講座】では、さまざまな技法を一つずつ学んでステップアップできます。

 

初心者でもだんだん花材やピンセットの扱い方が身につけられるので、作っていくのがとても楽しいです。

 

今回はブルーや紫を基調としたカラーを選びました。

パールなどのアクササリーとの相性も良いカラーを選ぶようにしました。

 

アクセサリーが加わるとゴージャス感が出ます。

「ハーバリウム」というと花や植物のイメージでしたが、アクセサリーも効果的に使うと、また一味違う作品になると感じました。

 

 

5.花材の交互配置空間技法でいい雰囲気の作品ができた!

花材の交互配置空間技法デザイン決め

4つ目の課題は「花材の交互配置空間技法」。

ちょっと難しそうな感じです。

 

「ハーバリウム」を作る時のお約束でボトルを横に置き、花材のデザインを決めていきます。

 

今回の課題の肝は空間。

 

3つの層に分かれるように花材を配置します。

 

花材の交互配置空間技法制作過程

3つの層に分けるので、ボトルは長いものを選びます。

重い花材は時間が経つと沈みやすいので、花材の選択が重要になってきます。

 

いちばん下の層の部分に花材を入れたらオイルを注ぎます。

 

浮かんでこないか確認をしたら、次の花材を入れます。

 

2層目も入れたら、またオイルを注ぎます。

 

写真は2層目まで花材とオイルを入れた状態です。

きれいな層に分かれています。

 

花材の交互配置空間技法制作過程

3層目は浮きやすい花材を入れます。

花材を入れたらオイルをそっと注ぎます。

 

3層目が重たい花材だと空間がつぶれてしまいます。

 

この課題は空間が大事です。

空間を光が通ることで花が輝いて見えます。

 

個人的にはこのデザインがいちばん気に入りました。

作品をいくつか作っていくうちにだんだんと「ハーバリウム」らしくなってきたかな~と感じました。

 

 

6.ドライフルーツアレンジでナチュラル系の作品ができた!

ドライフルーツアレンジデザイン決め

最後の課題は「ドライフルーツアレンジ」。

ドライフルーツもすべて教材に入っています。

 

この課題のコツはカラー。

シナモンスティックが入っているのでグリーン系、イエロー系、オレンジ系を使うといい感じに仕上がります。

 

洗面所やキッチンに合いそうな「ハーバリウム」です。

 

ドライフルーツアレンジ制作過程

ボトルは縦にして花材などをいれていきますが、写真でわかるように横に置いてみました。

 

ドライフルーツは好きな大きさにカットして入れます。

ボトルの口が狭いので、入れるのにはちょっと工夫が必要でした。

デザイン決めの時には2分の1にカットしたドライフルーツ(オレンジ)を入れようと思いましたが、ボトルの口から入らなかったので4分の1サイズに変更しました。

 

シナモンスティックが浮き上がらないようにツタのような植物を入れて、固定するようにしました。

 

ドライフルーツアレンジ制作過程

花材を入れたらオイルをそっと注ぎます。

 

花材のバランスが崩れやすいのでロングピンセットで調整をします。

でもオイルを入れた後の調整は思っていた以上に難しかったです。

 

やはり、最初が肝心。

 

オイルを入れる前にしっかりと花材を調整しておくことが大事だな~と感じました。

 

仕上がりはナチュラル系のいい雰囲気。

キッチンに置こうと思います。

 



 

7.レポートにまとめて送付・結果待ち

作品レポート

【ハーバリウム認定講師資格講座】では、作品は送りません。

 

その代わりにレポートを提出します。

レポートは1つの作品につき、1枚。

 

書くことは質問形式になっているので、その質問に答えるように書き上げます。

そして忘れてはいけないことが、作品の写真です。

 

写真は作品の出来がわかるようなものを貼ります。

この写真で作品の出来をチェックしてもらうので、作品の状態がわかるようなものを選びます。

 

作品レポート5枚の他にもう1枚、レポートを書きます。

そのレポートは、この講座を受けた感想や今後、どのように技術を活かしていきたいかを記入します。

 

私の目標は副業にすること。

なので、もっと技術を身につけていつか仕事の一つにしていきたいと書きました。

 

今回【ハーバリウム認定講師資格講座】を受講して、とても楽しかったです。

お店で「ハーバリウム」を見る時も、ただ「かわいい~」「素敵!」というだけでなく、素材やカラーの組み合わせ、バランスなどもチェックしている自分に気付きました。

 

これも自分で学ばなければわからなかったことの一つです。

 

いつか自分の作品をインターネットで販売したい!という気持ちがより一層、強くなりました。

 

さて、レポートを提出し合格したら、1~2か月後に「認定証」が届きます。

今は合格しているかどうか、ちょっとドキドキしながら結果待ちの状態です。

 

 

8.【ハーバリウム認定講師資格講座】のまとめ

【ハーバリウム認定講師資格講座】

【日本パーツビューティーアカデミー】の良さは自分の好きな時間に学べることとすべての教材が揃っているのですぐに学び始められること。

また、わからない時にはメールや電話で聞くことができます。

 

趣味を仕事にできたら幸せですよね。

 

受講料は一括払い69000円(税抜)・送料・決済手数料。

分割払い3300円×24回払い (初回は4002円)・送料・決済手数料です。

 

【受講料10000円offクーポン】

無料の資料請求をすると、受講料が10000円offになるクーポンが入っています。

資料請求は無料なので、まずは資料請求をして、クーポンをゲットしてから申し込むと良いですね。

 

有効期限はありますが、それまでに内容をチェックしてできそう!と思ったら申し込み用紙に記入して出すだけです。

 

【ハーバリウム認定講師資格講座】各種クーポン

10000円offクーポンの他にも4カ月の受講延長料金の無料クーポンもありました。

教材が届いてから8か月以内に作品レポートを提出しますが、もしも忙しくて8か月以内の提出が難しい場合も4か月の受講延長ができます。

 

その間のお金がかからないのもうれしいですね。

 

さらに万が一、合格できなかった場合は全額返金保証もあります。

 

日本パーツビューティーアカデミー 】では、受講生へのサポート体制がしっかりと整っています。

1か月の受講生は45名まで。

少人数制の通信講座です。

 

実際に学んでみて、初心者でもわかりやすかったです。

テキスト通りに作っていけば技術も身につきますし、それなりの作品が作れます。

 

今までは見るだけ、買うものと思っていた「ハーバリウム」を自分の手で作ってみませんか?

私はもっと確かな技術を身につけて、いつか副業にしたいと考えています。

 

このように趣味を仕事にしたい!という夢も広がります。

 

今回【日本パーツビューティーアカデミー】【ハーバリウム認定講師資格講座】を受講してみて、改めて物作りの楽しさを感じました。

 

分割払いもできるのでそうすると月々3000円代で学べますよ。

 

自分の可能性を広げたい!

自己流だった物作りを確かな技術で作れるようになりたい!

好きを仕事にしたい!

資格を取りたい!

 

新しいことを始めるのに「遅すぎる」ということはありません。

始めたい!と思ったときがそのチャンスですよ。

 

【日本パーツビューティーアカデミー】【ハーバリウム認定講師資格講座】が気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

公式サイトはこちら日本パーツビューティーアカデミー




 

こちらの記事も読まれています

【ハーバリウム】の講師資格を取りたい!月々3000円代から学べる【日本パーツビューティーアカデミー】がおススメ