【Tp200馬プラセンタ美容原液】30ml

今、流行りの「プラセンタ美容」ですが、プラセンタにもさまざまなものがあります。

 

豚プラセンタ・馬プラセンタ・羊プラセンタ・植物プラセンタ・マリンプラセンタなどなど。

どのプラセンタがお肌に効果的なのか、正直迷ってしまいます。

 

私はプラセンタ=胎盤というイメージが少し怖くて、なかなかプラセンタ化粧品には手が出せませんでした。

安全性も気になりますし、胎盤という言葉から使うのに勇気がいる化粧品だったんです。

 

でも、お肌のことを考えるとプラセンタは魅力的ですよね。

年齢とともに増えるお肌悩みの解決になるなら、勇気を出して使ってみるのも一つの方法かな?という気持ちもあります。

 

先日、あるセミナーで馬プラセンタのことを学びました。

お話を伺っていて、「これなら怖くないかも」と思いました。

 

胎盤の生々しいイメージが強すぎて怖かったのですが、恐怖心(?)が薄れました。

 

そこで私も「プラセンタ美容」を始めてみました。

使ってみると想像以上にお肌に浸透して使用感が良いです。

 

プラセンタってベタベタしないのか?とかヌルヌルしないのか?など思っていましたが、お肌にスッとなじみます。

乾燥肌や年齢による小じわやシミ・くすみ・毛穴などでお悩みの方に向いています。

 

今回は【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使用感や特徴を中心にレポートします。

 

 

 

●このページの目次

1.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使用感は?

2.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の特徴

2-1.濃度が違う

2-2.契約牧場のサラブレット

3.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の成分

4.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使い方

5.【Tp200馬プラセンタ美容原液】のまとめ

 

 

 

1.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使用感は?

【Tp200馬プラセンタ美容原液】30ml入り

ピンクが基調のかわいらしいパッケージです。

20代~60代と幅広い年齢層から支持されているプラセンタ原液です。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】開封

箱を開けると目に飛び込んできたのが、フタ裏部分に書かれている割引クーポン。

商品が入っている部分にも何やらたくさんのお得情報が載っているようです。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】箱の中

いろいろな情報が載っているようなので、箱を開いてみることにしました。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】箱を分解

箱の横部分が点線で切り取れるようになっています。

手で開けるのはちょっと難しいので、はさみでチョキチョキしました。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】箱を分解

箱の中はお得なクーポンプレゼントの情報が載っていました。

クーポンの他にもおススメのトータルケア情報(洗顔から保湿までのスキンケア用品)なども載っていましたよ。

 

割引クーポンはお得感があります。

捨てないで持っていると良さそう。

 

ただし、有効期限が書かれています。

私は2018年6月末に商品を手に入れました。

 

クーポンの有効期限は2019年12月31日まで。

 

時間はたっぷりありますね。

クーポン利用は1回限りですが、お肌に合うようなら使う機会もあるはず。

 

箱は捨てずにとっておいた方が良いですね。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】30ml入り

こちらが【Tp200馬プラセンタ美容原液】本品です。

30ml入りで約30日分です。

 

プラセンタが変質しないようにビンの色は茶色です。

 

実はプラセンタは雑菌が繁殖しやすいそうです。

未開封で3年、開封したら1~2か月が品質保持期間となります。

 

キャップ部分がスポイトになっています。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】スポイト部分

キャップとスポイトは一体型です。

使う時はスポイトの先に触れないようにします。

 

そうすることで雑菌が入ることを防ぎ、衛生的に使えます。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】テクスチャー

【Tp200馬プラセンタ美容原液】をお肌に上につけました。

色は黄色味がかっています。

 

とろみはなく、サラサラとしたテクスチャーです。

 

少し独特の香りがします。

良い香りとは言えませんが、強い香りではないので特に問題はないと思います。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】テクスチャー

お肌に上に広げてみました。

 

お水のようなサラサラのテクスチャーなので、お肌の上でも伸びが良いです。

お肌になじませていくと、スッと浸透していきます。

 

浸透力はかなりあります。

使う前はビシャビシャするのかな?と思っていましたが、なじませていくうちにシュッとお肌に入ります。

 

浸透するのに時間がかかりません。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】なじませた後のお肌

お肌になじみやすい【Tp200馬プラセンタ美容原液】は、つけた後のお肌がサラサラです。

 

プラセンタってもっとトロトロしていて、お肌がしっとりするのかと思っていましたが、【Tp200馬プラセンタ美容原液】はスッとなじんでサラサラ。

気持ちの良い肌触りです。

 

お肌のキメが整って、なめらかに感じました。

細かいちりめんジワにも良さそうです。

 

乾燥肌ですが、お肌に適度のうるおいが感じられました。

【Tp200馬プラセンタ美容原液】は美容液なので、この後はいつものスキンケアでお肌を整えます。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】使用感のまとめです。

 

・スポイト式だから衛生的に使える

・とろみのないテクスチャーでスッとお肌になじむ

・使用後のお肌はサラサラ

・お肌にキメが整い、なめらかになる

・適度な保湿で肌触りが良い

・ちょっと不思議な香りがする

 

 

 

 

2.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の特徴

【Tp200馬プラセンタ美容原液】約30日分

【Tp200馬プラセンタ美容原液】は、プラセンタが怖い・・・と思っていた私の恐怖心(?)を取り除いてくれました。

 

生々しい胎盤をイメージしていたので、使うのに気が引けていましたが、使ってみたら一般的な美容液のような感覚でした。

お肌とのなじみも良いですし、乾燥肌が程よいしっとり感。

 

さらにキメが整うので、お肌がきれいに見えるといううれしい効果を実感しました。

 

でも、プラセンタ原液と言ってもさまざまな物があるそうです。

 

ここからは【Tp200馬プラセンタ美容原液】の特徴について見ていきましょう。

 

 

2-1.濃度が違う

プラセンタ濃度の違い

プラセンタ美容液を選ぶときの注意点は濃度。

 

この写真はそれぞれプラセンタ原液として販売されているものですが、色の違いがあることに気付きます。

右と左では、まったく色が違います。

 

この色の違いは、プラセンタの濃度の違いです。

プラセンタ原液として販売されていても、さまざまな濃度のものがあるんです。

 

色の濃いものの方が、プラセンタの濃度が高いです。

濃度が高いものの方がお肌への効果もあります。

 

プラセンタの濃度の違いは何か?というと、たんぱく質の量です。

 

こちらは【Tp200馬プラセンタ美容原液】のたんぱく質の分析試験成績書です。

たんぱく質が100g当たり1.5gとなっています。

 

たんぱく質量が1.4g~1.8gのものはプラセンタの濃度が高いものとなっています。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】1.5gですからプラセンタ濃度が高いものに分類されます。

 

たんぱく質量が0.4gのものでさえ、プラセンタ原液として販売されているそうです。

1g以上もたんぱく質量の差がありますよね。

 

お肌への効果もそれぞれで異なってきます。

 

プラセンタ原液を選ぶときには「濃さ」に注目して選ぶことが大切です。

 

 

2-2.契約牧場のサラブレット

安全性の高い【Tp200馬プラセンタ美容原液】

昔のプラセンタは牛の胎盤から抽出したものを使っていました。

ところが、狂牛病から安全性の問題や供給量の問題が起こりました。

 

そこで他のプラセンタが使われるようになりました。

豚・羊・馬・植物・魚などのプラセンタ。

 

豚プラセンタは牛プラセンタに比べると体感が薄いという感想が多かったそうです。

羊プラセンタはヨーロッパでは多く使われています。

 

というのも、ヨーロッパでは羊の放牧が多いからです。

供給量もある程度、確保しやすいのでしょう。

 

馬プラセンタは牛プラセンタ以上の効果を感じるという声が多かったそうです。

なぜ、牛よりも体感が良いのかはまだ研究されているところですが、せっかく使うなら体感の良いものを選びたいですよね。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】は始めは北海道で育てられているサラブレットの胎盤を使っていました。

でも、供給量が需要に応じきれなくなってしまったそうです。

 

そこで、世界一の清浄国と言われるニュージーランドとオーストラリアの契約牧場で育てられたサラブレットの胎盤を使うようになりました。

 

サラブレットは1頭ずつ専用の獣舎で育てられています。

ストレスのない環境で、エサの管理もしっかりとされています。

整腸剤など薬の投与はされていません。

 

出産の際にはもちろん獣医さんが立ち会い、分娩専用の馬房で出産。

胎盤はすぐに回収されます。

 

草食動物は生命力が高く、酵素が胎盤を強くしているのではないかと見られているそうです。

 

契約牧場の良い環境の下で育ち、出産するサラブレットから回収した胎盤は、栄養の宝庫を呼ばれています。

 

 

 

3.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の成分

【Tp200馬プラセンタ美容原液】成分

【Tp200馬プラセンタ美容原液】の成分はとてもシンプルです。

 

水・BG・ペンチレングリコール・プラセンタエキス(ウマ)・フェノキシエタノールです。

 

・水

プラセンタを抽出するときの水です。

 

・BG

ブチレングリコールのことです。

保湿効果とともに抗菌効果もあります。

 

・ペンチレングリコール

殺菌剤でパラベンの代わりになります。

保湿性もあり、さっぱりとした使用感です。

 

・プラセンタエキス(ウマ)

サラブレットの胎盤から抽出した成分です。

多くの栄養素を含み「栄養の宝庫」と呼ばれています。

 

・フェノキシエタノール

エタノールとついていますが、アルコールではありません。

防腐剤として使われています。

開封後の菌などの増殖を防ぎます。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】は6つのフリーも実現しています。

パラベン・着色料/香料・鉱物油・アルコール・界面活性剤・エタノールは使われていません。

 

お肌が弱い方でも使いやすいようになっています。

 

 

 

4.【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使い方

【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使い方

【Tp200馬プラセンタ美容原液】はスポイト式なので、衛生的に使えます。

 

注意点としては、使う時にスポイトの先に触れないこと。

スポイトの先に触れてしまうと雑菌が入り、繁殖してしまいます。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】の使い方

朝晩の洗顔後に使います。

 

使用量の目安はスポイトの先から3㎝くらい。

このくらいで約0.5gになります。

 

手のひらに取ったら、顔全体になじませます。

私はカサつきやすい口もとや皮膚の薄い目元には重ねづけしています。

 

たっぷり使ってもベタベタしません。

不思議なくらいお肌がサラサラ。

 

でも、乾燥が気にならないです。

 

その後はいつものスキンケアを行います。

 

私の最近のお手入れは【Tp200馬プラセンタ美容原液】の後に【Psホワイトクリーム】。

 

【Psホワイトクリーム】はオールインワンなのでお手入れが楽。

なおかつ、保湿も美白もできるので助かっています。

 

【Psホワイトクリーム】の記事はこちら

シンプルなのに本格美白ケアができちゃう【Psホワイトクリーム】 お肌のうるおいとハリもアップ!

 

暑いときはさっぱりとした使用感のものが使いやすいですよね。

でも、乾燥肌なので保湿もきちんとしたいところです。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】は、お肌にスッとなじんでべたつかず、サラサラの仕上がりなのに乾燥が気にならなりません。

夏こそおススメです。

 

 

 

5.【Tp200馬プラセンタ美容原液】のまとめ

【Tp200馬プラセンタ美容原液】30ml入り 約30日分

今までプラセンタ原液=胎盤でちょっと怖い・・・と思っていました。

 

でも、セミナーで学んでみて、怖いものではないと気づきました。

何となくイメージで敬遠していました。

 

また、プラセンタ原液と言ってもさまざまな濃度のものが販売されていることも知りました。

濃度の低いものでも、プラセンタ原液として売られていたなんて・・・。

 

濃度の高い商品を選ぶことが大切だと感じました。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】100g当たり1.5gのたんぱく質が含まれている高濃度のプラセンタ原液です。

 

高濃度のプラセンタ原液の見方についても学びました。

 

①濃度の高いものほど黄色が濃い

②動物臭が残っている物ほど濃度が濃い

③高濃度でもサラッとした感触であまりとろみはない

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】はまさにサラサラのテクスチャーで、ちょっと不思議な香りがします。

動物臭がどのようなものなのか、わからないので何とも言えないのですが、化粧品にありがちな良い香りはしません。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】は高濃度プラセンタ

使ってみて感じているのは、お肌のキメが整ってなめらかになるということ。

お肌がスルンとした肌触りになり、カサツキや毛穴などが目立ちにくくなっているように感じています。

 

お肌の代謝をよくするのでシミにも効果的なのだそうです。

継続して使うことでお肌のターンオーバーが正常化して、シミを排出してくれるんです。

 

私はくすみも気になっているのですが、使うほどにお肌のトーンが明るくなるような気がします。

【Tp200馬プラセンタ美容原液】を使ってみて、ここがちょっと・・・という点が見当たらないんですよね。

 

そのくらい、今の私のお肌には合っているようです。

 

【Tp200馬プラセンタ美容原液】通常価格7776円(税込)・送料無料です。

高濃度のプラセンタ原液なのでお値段もそれなりですよね。

 

ところが定期購入だとずっと半額で買えます。

 

定期購入

3888円(税込)・送料無料

2回目以降もずっと半額

毎月先着500名に「潤いスクワラン」(1800円)がプレゼント(初回のみ)

いつでも解約やプラン変更が可能

 

乾燥肌や年齢による小じわやシミ・くすみ・毛穴などでお悩みの方、本物のプラセンタ原液を探している方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 



こちらの記事も読まれています

敏感肌のためのエイジングケア。「ルーナス」の良質な馬プラセンタがお肌を内部から変える。

 

スポンサーリンク