乳がんが見つかったきっかけ|胸のしこりに気づいたあの日

乳がんが見つかったきっかけ 乳がん

乳がんは、今や珍しい病気ではありません。

私の知人や友人も何人か乳がん患者がいます。

中にはすでに5年以上たっている友人もいますが、現在も薬での治療を続けている知人もいます。

 

このブログは、私の備忘録もかねています。

また、今現在、乳がんの告知を受けてショックを受けている方、治療を頑張っている方の交流のきっかけになれたらと思い、書き始めました。

 

私は右胸全摘手術から1年がたち、少し気持ちにもゆとりが持てるようになりました。

多くの乳がん患者のみなさんが、少しでも日々の中に笑顔の瞬間が増えることを願っています。

 

もしかして乳がん?

乳がんセルフチェック

私は7~8年前の乳がん検診で精密検査が必要という結果を受けました。

そして、病院へ行き、診察していただいたのですが、そのときは触診のみで「良性でしょう」とのことでした。

 

本来なら、その病院に1年に1回行く予定でしたが、もともとのパニック障害がひどくなり、中断してしまいました。

 

そんなときに、右胸のしこりに気づきました。

2020年の9月のことです。

 

生理前でもないのに、右胸だけ張っていることに気づきました。

お風呂のときに鏡の前で腕を上げると、右胸だけ引きつれていました。

ちょうどそのころ、右の乳首もかゆくて少しただれていました。

 

これは乳がんかも・・・。

そう思い、自治体の乳がん検診を受けました。

 

右胸だけエコーが異常に長い

ハート

2019年にも乳がん検診は受けていました。

私はマンモグラフィーでは、胸が白く映ってしまうのでエコーを勧められていました。

 

2019年のときは通常通りでしたが、2020年のエコーは右胸だけで15分くらい時間をかけて診ていました。

 

「何か見つかりましたか?」と聞いてみましたが、特に返事はなく、淡々と黙々とエコーで調べていました。

その時点で「何かあったんだな」と思ったことを覚えています。

 

自分でも違和感を感じている部分を話し、よく診てもらうことができました。

 

やっぱり引っかかっちゃった

検診結果イメージ

それから3~4週間後に乳がん検診の結果が送られてきました。

結果は、要精密検査。

 

その前に、自治体の検診を受けたセンターで説明がありました。

〇月〇日〇時~説明があります。

そのような内容だったと思います。

 

夫にも「要精密検査だって」と伝えました。

自分の中の違和感が、現実となって感じ始めた瞬間です。

 

当日の説明は何だかおざなり

考える女性

説明には10組ほどの人が集まっていました。

中には家族が一緒という方もいたようです。

私はいちばん最後でした。

 

説明をしてくれた医師からは「乳腺症でしょう。心配だったら精密検査を受けてください」との言葉だけでした。

どこに何がどう映っているのか、残念ながら一言も説明はありませんでした。

 

自治体の検診だから仕方ないのかもしれません。

 

説明後、受診できる病院が記載された紙と診断書をいただいたので、即効、病院に電話しました。

この判断は間違いなかったです。

心配というよりも確実なことが知りたい!という気持ちが強かったと記憶しています。

 

何かおかしい?と思ったら検診または病院へ

女医

私は右胸の違和感を感じてから、すぐに検診を受けました。

 

検診の場合、結果が出るまでに時間がかかります。

不安な方は、直接病院へ行くのもありだと思います。

 

コロナ禍の今、病院へ行くのにためらう方もいるかもしれません。

でも、「何かおかしい?」と思ったときは、すぐに受診することが大切だと感じています。

 

乳腺外科での検査については、また今度お話ししますね。

この記事が、あなたのお役に立てることを願っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 



カンファレンスバナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました