右胸全摘手術退院後51日目から55日目|右胸が張って気持ち悪い

右胸全摘手術後51日目~55日目 乳がん

右胸全摘手術退院後、51日目から55日目までの記録を読み返しながら書きました。

 

これまでは、下痢に苦しみましたが、下痢がピタッと止まりました。

もう、これだけですごく安心しました。

 

ただ、右胸の張り感がひどくなり、不安がよぎりました。

すぐに担当医に診てもらえればよいのですが、私の担当の形成外科医は、月曜日のみの診察です。

 

予約は取っていましたが、それまでに痛みが増さないか、腫れがひどくならないか。

それがとても不安でした。

 

これから乳がんの治療をする方のお役に立てることを願っています。

 

退院51日目|異常なのどの渇き

コップの水

ノルバデックス服用25日目です。

 

ここ2週間くらい、のどが異常に乾きます。

もともとあまり水分を摂らない体質でしたが、すぐにのどがカラカラに・・・。

 

水を飲んでも、のどの渇きはおさまりません。

こまめに水分を摂るように心がけましたが、のどの渇きはおさまらず、水が飲めないときはうがいで対処しました。

 

これも薬の副作用なのでしょうか?

 

前日から便は出ていません。

下痢は止まりましたが、今度は便秘?

 

歯の痛みは落ち着いていましたが、朝食でパンを食べたときに、右奥歯がズキン!と痛みました。

右側の歯で噛むことが怖くなりました。

 

退院52日目|歯医者さんを受診

もやもやする女性

ノルバデックス服用26日目です。

 

今日は久しぶりに普通便が出ました。

頭痛もおさまり、いい感じです。

 

ただ、右胸の張り感と違和感が強いです。

 

予約していた歯医者さんを受診しました。

前日の食事中に歯が痛くなったことを話しましたが、原因はわからず・・・。

何だかもやもやします。

 

仕事をいつから再開するか・・・。

悩み始めたのもこのころから。

 

私の場合、パニック障害のため外で働けないので、自宅でライターをしていました。

そろそろ再開しないとダメかな?と思いながらも、いろいろと体調が悪かったので先延ばしにしていました。

 

退院53日目|右胸が張って痛い

胸を押さえる女性

ノルバデックス服用27日目です。

 

今日も普通便。

下痢じゃないと何だか安心します。

 

関節痛がちょっとつらかったです。

 

右胸も張ってしまい、痛みがありました。

また、リンパ液が溜まってしまったのかも・・・。

 

でも、形成外科の予約はまだ先です。

それまでに痛みが引けばよいのですが。

 

退院54日目|顎関節症?

塞ぎこむ女性

ノルバデックス服用28日目です。

 

起床時から、あごのかみ合わせが痛いです。

おそらく寝ている間に、ギュッと歯をかみしめてしまったのでしょう。

食事で口を開くのも痛くて大変でした。

 

右胸の張り感と重たさが気持ち悪く、起きていても寝ていても何となくおさまりが悪かったです。

 

下痢は止まって、普通便。

普通便のありがたさをしみじみ感じました。

おなかの調子がいいと安心できます。

 

それにしても、右胸の気持ち悪さ。

自分の胸じゃないような感じで、何とも言えないいやな感じです。

 

退院55日目|右胸が張って気持ち悪い

壁によりかかる女性

ノルバデックス服用29日目です。

 

下痢は止まっています。

ホッとします。

 

あごのかみ合わせの痛みはまだ残っていますが、前日ほどひどくはありません。

大きく口を開けなければ大丈夫。

 

それよりも起床時から、両ふくらはぎが筋肉痛でした。

前日、特に運動もしていないのですが・・・。

謎です。

 

右胸の張り感、膨張感が何とも言えず、とにかく気持ち悪かったです。

早く形成外科を受診したいところですが、地元の病院の形成外科の担当医は月曜日しか来ません。

 

右胸の皮膚がパンパンになってきました。

月曜日まであと4日。

 

それまで何とか持ちこたえてほしい。

そう思いました。

 

右胸の違和感に不安がよぎる

ソファーでうなだれる女性

私が全摘手術をした病院の形成は、数人の医師がいます。

でも、私の胸の再建手術を診る担当医は、普段は大学病院に勤務しているため、月曜日しか私の地元の病院には来ません。

 

このような場合、他の医師に診てもらってもよいのか、判断に迷いました。

 

私は結局月曜日の予約日まで待ってしまいましたが、緊急を要する場合は、他の医師に診てもらう選択もありだったのかもしれません。

形成外科といっても、それぞれ分野が違うのかもしれません。

 

私にはよくわからなかったので、その点をしっかり病院で聞いておけばよかったと思いました。

 

ちょっとしたことでも、患者にとっては不安につながります。

そのときに迅速に対応してもらえるかどうかで、不安の解消につながります。

 

聞きにくいこともありますが、不安を消すためには、何かあったときのことを確認しておくとよいと感じました。

 

退院後56日目以降については、また今度お話ししますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 



 

カンファレンスバナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました